MENU
お問合せ

CASES

法律コラム

公開日:2020.04.13

CASE

  • 事業承継
  • 企業法務

親族以外の後継者が株式の譲渡代金を調達する方法とは?

目次CONTENTS

Q.親族以外の後継者に株式を譲渡する際の譲渡代金の調達について、よい方法はありますか?

私は、現在70歳ですが、20代でA社を設立し、おかげさまで業績も好調で、従業員も500人を超える企業に成長しました。現在は、私が社長を務めていますが、私には子どもがいないため、長年会社を支えてくれた副社長Bに会社を継がせたいと考えています。
A社の株はすべて私が保有していますが、株価を算定してもらったところ、あまりに株価が高くなっており、Bが資金を調達して買い取ることが難しいことがわかりました。何か良い方法はないのでしょうか?

相続のご相談についてはこちら

A.持株会社を利用する方法が考えられます。

事業承継の際に生じる法的な問題点は数多くありますが、株式の譲渡の問題は比較的多いと思われます。

事業承継は親族に対して行われる場合もありますが、今回は親族以外の者であるBさんが、A社株式の譲渡代金をいかに調達するか、また仮に調達できたとして、その返済をどうするのかという問題です。

このような場合のスキームとしては、持株会社を利用する方法が考えられます。

  1.  Bさんが持株会社C社を設立、
  2.  金融機関からC社に譲渡代金を融資、
  3.  A社の株式をC社に譲渡し、譲渡代金をC社から社長へ。

この方法により、事業譲渡が完成します。そして、融資の返済方法は、C社がA社から得た配当金を金融機関に返済するのです。

この他にも様々なスキームが考えられると思います。事業承継でお悩みの際には、当事務所までお気軽にご相談ください。

電話でお問い合わせ
092-409-0775

企業法務ニュースレターのお申込み