案件種別

借金問題(債務整理)
自己破産すると,家族や友人に知られてしまいますか?

[ Q ]

自己破産をすると,家族や友人に知られてしまいますか?

[ A ]

基本的には,家族や友人に知られてしまう可能性は少ないでしょう。

詳しい解説

破産者の氏名と住所は官報に掲載される

まず,法律上,裁判所は,破産手続きの開始を決定したときは,破産手続開始の決定の主文等を公告することとされています(破産法32条1項)。この破産手続き開始の決定の主文には債務者を特定する事項,自然人の場合は住所と氏名が記載されることとされています。
また,ここでいう公告とは,官報に掲載することとされています(破産法10条1項)。

以上をまとめると,破産手続きが開始すると,破産する人の氏名と住所が官報に掲載されることになります。

家族や友人に知られてしまうのか

では,「官報に掲載されると家族や友人にもばれるのではないか」とお思いかもしれませんが,官報は,一般の人がそうそう目にするものではありません。

官報とは,国が発行している新聞のようなものですが,官報販売所など特定の場所でないと購入できませんし,地域の回覧板に混じることも,駅構内でフリーペーパーと一緒に陳列されるようなこともありません。

したがって,自己破産をしても,基本的には家族や友人に知られてしまう可能性は少ないでしょう。


なお,当事務所の経験上,官報に記載されたから知人に破産したことがばれたという方はこれまで記憶にありません。

借金問題(債務整理)の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら