案件種別

  • トップページ
  • 案件種別
  • 労働問題(企業側・使用者側)企業法務

労働問題(企業側・使用者側)企業法務
労働者が10人以下の会社でも就業規則を作ったほうがいい?

[ Q ]

労働者10人以下の会社の経営者です。うちの会社には、就業規則がありません。作ったほうがよいのでしょうか?

[ A ]

就業規則とは、労働者の労働条件を規律する準則のことをいいます。
労働基準法は、「常時10人以上の労働者を使用する使用者」に対し就業規則の作成義務を課した上で(労働基準法89条)、周知義務を課しています(労働基準法106条1項)

上記のご質問は、労働者10人以下の会社の使用者の方からのご質問ですが,回答は「作ったほうがよい」です。

なぜなら、就業規則は労使間でトラブルが起こった際の拠り所となるものであり、就業規則がなければ、労使間でトラブルが起きたときに拠り所となるものがないことになるためです。トラブルになったときに拠り所がなければ、問題を一般常識に照らして考えなければなりませんが、一般常識などは人によって千差万別であり、規範としてあってないようなものですから、そのような規範を拠り所として問題を解決しようとしても、解決は遠のくばかりです。

このように就業規則がなければ、小さい問題が大きくなるばかりか、起こる必要のない問題をひき起こすことにもつながります。そのようなトラブル解決に時間を割くことになるなら、作成に際して多少時間はかかりますが、就業規則の作成に時間を割いたほうがよいでしょう。

さいごに

当事務所でも就業規則の作成に関するアドバイスを承っておりますので、ぜひとも当事務所までお気軽にご相談ください。
なお、内容が不十分な就業規則であれば、ないも同然ですので、作成済みの就業規則に関して自信がない方も、当事務所に就業規則のチェックのご相談にいらしてください。

労働問題(企業側・使用者側)の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら