MENU
お問合せ

CASES

法律コラム

公開日:2020.05.11

最終更新日:2021.12.24

CASE

  • 会社の倒産・再生
  • 企業法務

手形の不渡りを出してしまいそうな時はどうすればよい?

目次CONTENTS

Q. 会社の資金繰りが悪化して手形の不渡りを出してしまいそうです。どうすればよいですか?

A. 会社の収益状況や支出状況などを精査して、今後会社の再生ができるのか、清算をするのか、検討する必要があります。

また、破産や民事再生などの法的手続に進まざるを得ないとしても、いつどのタイミングで、どのような処理をすべきか(あるいはしてはならないのか)、手続を行う上でどのような問題があるのかは、会社の資産や負債の状況、保証人の有無等によって様々です。

素人判断でしてはいけないことを行ってしまい、あるいは速やかに行うべきことを失念するなどして、倒産処理が紛糾したり混乱したり、思わぬ不利益を被ることもあり得ますので、お早めに弁護士にご相談いただくことをおすすめいたします。

弁護士に電話で相談する

企業法務ニュースレターのお申込み