MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 借金問題(債務整理)

自己破産する場合,家族や友人だけにお金を返してもいいですか?

目次CONTENTS

[ Q ]

金融機関だけでなく,家族や友人からもお金を借りています。破産をしたいのですが,家族や友人には義理があるので,その人たちに限ってお金を返したいと思っています。いいでしょうか?

[ A ]

破産をするような経済状況になった場合,債務者は債権者を平等に取り扱わなければならないというのが破産法の建前です。

ご質問のケースは,家族や友人といった債権者を他の債権者(金融機関)より優先して取り扱おうというものですので,破産法に抵触する可能性があります

例えば,破産法が否認し得るとする偏頗行為否認*(破産法162条)に該当する可能性があります。これに該当すると,弁済を受け取った家族や友人は,後日,破産管財人から「受け取った金額相当額を返せ」という請求を受けることがあり得ます。
また,免責不許可事由にあたると判断される可能性もあります(破産法252条1項3号)

債権者は平等に,これは忘れてはなりません。

*偏頗行為否認とは
債権者間の平等を害する行為(偏頗行為)について,破産管財人が否認すること。