案件種別

借金問題(債務整理)
会社の取締役が自己破産すると,失職するのでしょうか

[ Q ]

私は,会社の取締役です。自己破産をすると失職したりするのでしょうか?

[ A ]

会社と取締役との間の契約は委任契約とされますが,受任者(≒取締役)が破産手続き開始の決定を受けたことは,委任の終了事由とされています。そのため,この規定を理由に失職するということはあり得ます

しかし,同規定は任意規定と解されていますので,取締役の破産が終任事由とならない旨の特約があればそれに従うことになりますし,会社法は,破産を取締役の欠格事由とはしていませんので(会社法331条。旧商法下ではこれが欠格事由とされていました。)破産手続中であっても,改めて同取締役を取締役として選任しなおすことは可能です

借金問題(債務整理)の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら