MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 借金問題(債務整理)

自己破産で住宅を処分する場合,いつまで住み続けることができますか?

目次CONTENTS

[ Q ]

自己破産で住宅を処分する場合,住宅にはいつまで住み続けることができますか?

[ A ]

ケースバイケースのため,一律に「いつまでであれば住むことができる」ということはありません。

例えば,こちらの記事で解説しているとおり,住宅には「処分しやすい住宅」もあれば「処分しにくい住宅」もあります。

処分しやすい住宅であれば,比較的早期に処分がされ,それに伴い比較的早期に退去を求められることになります。
一方で,処分しにくい住宅であれば,処分の時期も後ろ倒しとなり,それに伴い退去の時期も後ろ倒しとなります。

自己破産で住宅が処分される方法

自己破産をしたときに住宅を処分するパターンとしては,債権者等が住宅の不動産競売を申し立てた上で,第三者がこれを落札することで退去を求められるパターンや,破産管財人が買主を見つけて任意売却を行うことで退去を求められるパターンなどがあります。

いずれも,手続には一定期間を要しますので,破産したから直ちに住宅を出て行かなければならないという訳ではありません

このように,いつまで住み続けることができるかは,住宅の処分の難易度等によりケースバイケースです。