MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 遺産相続・高齢者問題

代償分割とは

目次CONTENTS

代償分割とは,一部の相続人が法定相続分を超える額の財産を取得するかわりに,他の相続人に対して代償金を支払う方法です。
不動産や株などの分けにくい遺産の分割方法として活用されています。

代償分割の条件

法律上は,「特別の事由」がある場合に代償分割ができるとされています。

「特別の事由」とは,特定の相続人の占有・利用状態を特に保護する必要がある場合などが,これに当たると解されています。

ただし,判例上,「特定の相続財産を取得し,債務を負担することになる相続人」については,その支払能力があることが要求されています。

代償金の支払方法

代償金の支払方法については,即時になされることが原則ですが,実務上は,3年から10年の分割払いを認めることがあります。

さいごに

代償分割の方法が適切かどうかについては,慎重な検討が必要です。お悩みの方は,当事務所の弁護士にお気軽にご相談ください。