MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 遺産相続・高齢者問題

遺言書の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言)

目次CONTENTS

[ Q ]

遺言書にはどんな種類があるのでしょうか?

[ A ]

遺言書には,自筆証書遺言公正証書遺言があります。

遺言書は,満15歳以上であれば誰でも作成することができますが,民法で定められた方式に従って作成する必要があります。

自筆証書遺言

自筆証書遺言とは,遺言者の自書で遺言内容を書く遺言書のことをいいます。

遺言内容が記載された本文(全文),日付,氏名を自ら筆記し,押印する必要があります。

なお,相続法改正(平成31年1月13日施行)により,財産目録(相続させる財産が記載されたもの)については,自書でなくても可となりました(ただし,自書でない財産目録を添付する場合には,財産目録の各頁に署名押印をしなければなりません。)。

公正証書遺言

証人2名以上の立会いの下で,遺言者が遺言の趣旨を公証人に口頭で伝え,公証人が口述内容を筆記し,遺言者及び証人に閲覧又は読み聞かせる方法で作成する遺言書が公正証書遺言です。

口述内容が正確に記載されていることが確認できたら,遺言者,証人及び公証人が署名押印を行います。

発話障害,聴覚障害がある方については,通訳人を通して作成することがあります。