MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 遺産相続・高齢者問題

「相続放棄」と「相続分の放棄」の違い

目次CONTENTS

「相続放棄」と「相続分の放棄」は異なります。

「相続放棄」とは

相続放棄とは,家庭裁判所での手続を経て,被相続人のプラスの財産(預金,不動産等)もマイナスの財産(借金)も放棄することをいいます。この手続は相続の開始があったことを知った時から3か月以内に,家庭裁判所での手続をとらなければなりません。この手続をとらなければ,被相続人の財産を相続したものとみなされます。なお,一度,相続放棄の手続をとってしまうと撤回することができません。

「相続分の放棄」とは

相続分の放棄とは,一方的な意思表示により,自己の相続分を放棄するものであり,時期や方式について特に指定はありません
なお,相続放棄とは違い,相続分の放棄をしても,被相続人のマイナスの財産(借金等)を放棄できるわけではありません。