MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 一般民事
  • 企業法務

認印を使って作成した契約書は有効か

目次CONTENTS

契約書の効力

そもそも、一定の契約(保証契約等)以外の契約については、口頭での合意で契約が
成立します。つまり、契約書がなくとも、有効に契約は成立し得ます。
もっとも、後日、相手方から「契約をしていない」とか「そのような契約内容ではなかった」というような話をされるなどのトラブルを回避するために、契約書という書面で証拠を残すことになります。

認印でもかまいません。ただし…

法律上、契約書に本人の署名か押印があれば、基本的に契約書に記載された内容で契約が成立したと判断されることとなります(民事訴訟法228条4項)。法的には、印鑑は、実印でなければならないといった制限はありません。認印でも何ら問題はありません。

しかし、契約書が偽造であるなどの主張があった場合、実印の方が、そのような主張を排斥できる可能性が高いと考えられます。もっとも、偽造との主張は容易に認められるものではないので、トラブル回避のためには、まずは契約書を作成することが重要です。

さいごに

弊所では、顧問サービスの一環として、契約書のチェック簡易な契約書の作成も承っています。また、複雑な契約書であっても、顧問先様であることを考慮した費用のご提案をさせていただいております。
何らかの契約をする際には、ぜひ、事前に契約内容について、弊所の弁護士ご相談ください。