MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

公開日:2020.08.17

最終更新日:2021.10.28

CASE

  • 労働問題(企業側)
  • 労働問題(労働者側)

経歴詐称を理由に懲戒解雇できる?

目次CONTENTS

こちらの記事では、懲戒解雇を含む懲戒処分をするためには、あらかじめ就業規則等により懲戒の種別及び事由を定めておかなければならないこと、同就業規則を周知しておかなければならないことをお話ししました。

それでは、就業規則で懲戒の種別及び事由を定め、その規則を周知しているのであれば、その規則に沿ってした懲戒解雇処分はすべて有効なのでしょうか。この記事では、経歴詐称があった場合を前提に考えてみましょう。

電話でお問い合わせ
092-409-0775

経歴詐称で解雇する場合は「重大な経歴詐称」でなければならない

例えば、従業員が自身の経歴を詐称していたとします。そして、その会社には経歴詐称に対し懲戒解雇を含む懲戒処分を課すことができる就業規則があったとします。そのため、会社が同従業員に対し懲戒解雇処分を言い渡したというような場合です。

一見すると懲戒解雇処分は有効なようにも思えますが、例えば、経歴詐称が「履歴書に○○中学卒と書いていたのに実際は△△中学卒だった」といった程度のものであった場合はどうでしょうか。確かに経歴詐称だとはいえますが、程度としては軽微です。この点、多くの裁判例は、ここでいう経歴詐称は重大な経歴詐称でなければならない、と考えます。

重大な経歴詐称とは?

重大な経歴詐称とは、例えば、最終学歴、前科といった点に関する経歴詐称でしょうか。
「○○中学卒と書いていたのに△△中学卒だった」というケースの場合は、経歴詐称を重大な経歴詐称と評価するのはさすがに困難でしょうから、これに対して懲戒解雇処分をしてしまうと、労働契約法15条にいう「客観的に合理的な理由」がないとして同処分は無効となるでしょう。

重大な経歴詐称であっても、懲戒解雇処分が相当かどうかについても考慮する必要がある

また、仮に重大な経歴詐称であったとしても、「それに対する処分が懲戒解雇では重過ぎないか」、「減給や出勤停止では足りないか」という点も考えなければなりません。仮に重過ぎるということになれば、労働契約法15条にいう「社会通念上相当」ではないということで無効となってしまいます。

電話でお問い合わせ
092-409-0775

懲戒解雇処分についてお悩みの方は弁護士にご相談ください

懲戒解雇処分は非常に重い懲戒処分のため、その有効性は極めて慎重に判断されます。懲戒解雇処分をされる際は、事前に弁護士に相談されることをおすすめします。当事務所は労働問題についてのご相談を承っておりますので、ますはお気軽にご相談ください。

企業法務ニュースレターのお申込み

依頼者満足度・相談対応実績
企業側の労働問題について

労働者側の労働問題について