MENU
お問合せ

LEGAL COLUMN

法律コラム

公開日:2020.10.16 最終更新日:2021.10.29

CASE

  • 債務整理
  • 個人再生

個人再生をすると借金をどれくらい圧縮できる?

目次CONTENTS

個人再生で借金はどれくらい圧縮できる?

再生手続は、借金を圧縮することができる手続きです。気になるのは、「いくらまで圧縮できるのか?」という点かと思います。この点は、民事再生法231条2項3号・4号に規定があり、少し複雑な規定となっていますが、要点は次のとおりです。

守りたい財産がありますか?
自分に合う債務整理の方法を
シミュレーションする

基準となる債権

再生手続き内で確定した債権から、住宅資金貸付債権、別除権の被担保債権や劣後的債権を除いた債権

圧縮すると、いくらになる?

上記基準となる債権の額が、
100万円以下の場合 基準債権額
100万円と500万円の間の場合 100万円
500万円と1500万円の間の場合 上記基準となる債権の総額の20%
1500万円と3000万円の間の場合 300万円
3000万円以上の場合 上記基準となる債権の総額の10%

例えば、次のようなケースで考えてみましょう

借入の状況

住宅ローン 1000万円
銀行A 500万円
銀行B 300万円
消費者金融C 100万円
1900万円

以上の金額が再生手続内で確定したとすると、基準となる債権の額は、全体(1900万円)から住宅資金貸付債権である住宅ローンの1000万円を控除した、計900万円ということになります。

900万円ということは、基準となる債権の額が500万円と1500万円の間の場合にあたりますので、「900万円×20%=180万円」まで借金が圧縮されるということになります。

個人再生について弁護士に無料相談ができます

当事務所では、個人再生などの借金問題のご相談について、無料のオンライン相談(電話・Web)を実施しております。

ご来所でのご相談も、もちろん可能です。お電話・Webで無料相談(初回30分)ができますので、個人再生手続きをお考えの方は、まずは当事務所の弁護士までお気軽にご相談ください。

個人再生について電話で相談
092-409-0775


債務整理診断シミュレーター

あなたの債務状況から、最適な債務整理の方法をご提案します。いただいた情報は無料診断・相談以外の用途には一切利用いたしません。
最後まで進んでいただくとその場で結果が表示されますので、安心してご利用ください。

質問1

はじめに、下記の質問にお答えください

・借入総額
・借入総額のうち、住宅ローンの額
・借入先の数(債権者数)
・借金の原因
・7年以内に次の手続きをしたことがありますか?
次へ

・本シミュレーションは、借金問題を抱えている方を対象とするものです。
・情報の内容に関しては万全を期しておりますが、実際に弁護士による法律相談をしない限りは、内容の正確性、安全性等を保証できるものではなく、当該情報に基づいて利用者が被る一切の損害について弊所は何ら責任を負いません。