MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

公開日:2018.10.16

CASE

  • 債務整理

個人再生をすると借金はどれくらい圧縮できる?

目次CONTENTS

[ Q ]

個人再生をした場合、借金はどれくらい圧縮されますか?

[ A ]

再生手続は、借金を圧縮することができる手続きです。
気になるのは、「じゃあ、いくらまで圧縮できるのか?」という点かと思います。この点は、民事再生法231条2項3号・4号に規定があり、少し複雑な規定となっていますが、要点は次のとおりです。

【基準となる債権】

再生手続き内で確定した債権から、住宅資金貸付債権、別除権の被担保債権や劣後的債権を除いた債権

【圧縮すると、いくらになる?】

上記基準となる債権の額が、
100万円以下の場合 基準債権額
100万円と500万円の間の場合 100万円
500万円と1500万円の間の場合 上記基準となる債権の総額の20%
1500万円と3000万円の間の場合 300万円
3000万円以上の場合 上記基準となる債権の総額の10%

例えば、次のようなケースではどうでしょうか

▼ 借入の状況

住宅ローン 1000万円
銀行A 500万円
銀行B 300万円
消費者金融C 100万円
1900万円

以上の金額が再生手続内で確定したとすると、基準となる債権の額は、全体(1900万円)から住宅資金貸付債権である住宅ローンの1000万円を控除した、計900万円ということになります。
900万円ということは、基準となる債権の額が500万円と1500万円の間の場合にあたりますので、「900万円×20%=180万円」まで借金が圧縮されるということになります。

さいごに

個人再生手続きをお考えの方は、まずは当事務所の弁護士までお気軽にご相談ください。

 

借金問題の無料オンライン相談(電話・Web)

当事務所では、借金問題のご相談について、無料のオンライン相談(電話・Web)を実施しております。ご来所でのご相談も、もちろん可能です。
お電話・Webで無料相談(初回30分)ができますので、お気軽にお問い合わせください。