MENU
お問合せ

CASES

法律コラム

公開日:2021.12.10

CASE

  • 債務整理の解決事例

ネットゲーム課金による借金で自己破産を選択され、免責が認められた事例

目次CONTENTS

事案の概要

  • 債務整理の手続き:自己破産
  • 借金の原因:浪費(ネットゲームの課金)
  • 債権者数:5社~10社
  • 負債総額:500万円~1,000万円

相談までの経緯

依頼者様は、ネットゲームにはまり、借金をしてまで課金を続けてしまったことで、負債が膨らんでいました。自転車操業に陥り、最終的には返済不能となったため、自己破産を決意され、当事務所にご依頼いただきました。

弁護士の活動

破産申立てのサポートと、ネットゲームを断ち切るためのサポートを行いました。
どのようにすればネットゲームを辞めることができるのか、計画を立て、計画を実施してもらい、その進捗状況を定期的に見守るということを行いました。

結果

依頼者様は、ネットゲームを実際に辞めることができました
破産の手続きとしては、管財事件となりました。破産管財人による調査の結果、「免責不許可事由あり」とはなりましたが、ネットゲームを辞められたことが評価され、裁量免責*となりました。 依頼者様は事実上、借金の支払義務を免除されました

*裁量免責とは:免責不許可事由がある場合でも、裁判所の裁量により免責を許可されること。