MENU
お問合せ

CASES

法律コラム

公開日:2021.12.15

CASE

  • 債務整理の解決事例

資格制限を受ける可能性のある職業の方が自己破産を選択された事例

目次CONTENTS

事案の概要

  • 債務整理の手続き:自己破産
  • 借金の原因:生活費
  • 債権者数:8社
  • 負債総額:約200万円

相談までの経緯

依頼者様は、生活費のための借り入れが膨らんでしまい、借金を整理して再スタートを切りたいとのご希望で当事務所にご相談されました。

自己破産相当の状況でしたが、資格制限を受けうる職業に就かれており、自己破産をする場合は、破産手続き中に資格制限を受けてしまうことが懸念点でした。しかし、「借金をきれいに整理したい」「借金を整理するためには退職してもいい」と決心されていたため、自己破産を選択することにしました。

弁護士の活動

弁護士へのご依頼後、まずは早急に債権者に受任通知を送付し、債権者からの督促が止まるようにしました。
その後、速やかに破産の申立てを行いました。なお、懸念されていた資格制限については、結果として、申立て前に債務整理とは別の理由でその仕事をお辞めになったため、大きな問題にはなりませんでした。

結果

裁判所より、同時廃止での破産手続開始決定が出されました。そして、破産申立てから約3か月後に免責決定が出され、依頼者様は、事実上借金の支払義務を免除されました。