MENU
お問合せ

CASES

法律コラム

公開日:2022.03.15

CASE

  • 犯罪被害者支援の解決事例

死亡事故の被害者のご遺族の方へ、民事訴訟や刑事告訴などのサポートを行った事例

目次CONTENTS

事案の概要

  • 事件名:業務上過失傷害
  • 手続き(解決方法):民事訴訟被害届・告訴状提出事情聴取同行
  • 請求額:2000万円
  • 獲得額:300万円
  • その他の結果:加害者は略式起訴(罰金30万円)

相談までの経緯

歩道を歩いていた被害者の方が、原動機付一輪車(荷物運搬用農耕機・キャタピラ付)を運転していた相手方から、左下腿背部等を轢かれてしまう事故にあいました。

被害者の方は事故から2年半後にお亡くなりになり、被害者のご遺族より当事務所にご依頼いただきました。

弁護士の活動

事故の加害者に対して損害賠償請求訴訟(民事訴訟)を提起したものの、相手方は金銭の支払いを拒んでいました。

そこで、業務上過失傷害罪の被害届・告訴状の提出や、事情聴取への同行などの被害者支援活動を行いました。

結果

民事訴訟では、300万円での和解が成立しました。

刑事事件においては、加害者は罰金30万円の略式起訴となりました。