MENU
お問合せ

CASES

法律コラム

公開日:2022.03.15

CASE

  • 犯罪被害者支援の解決事例

不貞相手の妻からの脅迫や嫌がらせを受けた被害者の方に、民事訴訟や刑事告訴のサポートを行った事例

目次CONTENTS

事案の概要

  • 事件名:建造物侵入罪脅迫罪
  • 手続き(解決方法):民事訴訟告訴状提出
  • 請求額:
    相手方→依頼人 不貞慰謝料請求訴訟(550万円)
    依頼人→相手方 損害賠償請求訴訟(154万円)
  • 結果:依頼人から相手方に80万円を支払う旨の内容で和解成立

相談までの経緯

もともとは、依頼人が相手方の夫と不貞したことを理由に、相手方から不貞慰謝料請求訴訟(請求額:550万円)を提起された事案でした。

相手方から依頼人に対して、

  • 依頼人の自宅に侵入する(玄関部分まで)
  • 「あんた、電話せんぎ、殺すよ」「家に行きますね」などと言う
  • 依頼人の夫に対し、「嫁にラインで、お前殺されるて言っといて」「マジに刺す」などと言う

といった嫌がらせが続いていたため、被害者支援活動をするに至りました。

弁護士の活動

弁護士が、

  • 民事訴訟の提起(建造物侵入、脅迫/請求額:154万円)
  • 告訴状の提出(脅迫)

などの被害者支援活動を行いました。

結果

民事訴訟において、以下の内容での和解が成立しました。

  • 依頼人から相手方に対し、金80万円を支払う
  • 相手方と原告とは、面会、電話、メール、手紙など手段の如何を問わず、接触しないことを約束する
  • 告訴取り下げ