MENU
お問合せ

CASES

法律コラム

公開日:2022.05.17

CASE

  • 債務整理の解決事例

消滅時効を主張し、借金を200万円→0円に減額した事例

目次CONTENTS

事案の概要

  • 債務整理の手続き:任意整理
  • 借金の原因:娯楽費(パチンコ、飲食)、住宅ローン
  • 債権者数:1社
  • 負債総額:200万円
  • 減額できた額:200万円(200万円→0円)

相談までの経緯

10年以上前、若いときにした借金についてご相談いただきました。

ローン会社から200万円の請求書が届いていましたが、200万円のうちほとんどが利息でした。依頼者様によると、ずっと返済もせずに放置をしていて、最後に返済をしたのも5年以上前だろうとのことでした。

弁護士が書類を確認したところ、ローン会社と、2014年に裁判外での和解をしていたようでした。

弁護士の活動

裁判外での和解から5年以上が経過していたため、任意整理(消滅時効)で受任しました。

受任後すぐに、相手ローン会社に対し、消滅時効援用通知書を送付しました。

結果

約20日後に、相手ローン会社から債務不存在証明書(借金はもう存在しませんという証明書)が届き、請求額の200万円を0円に減額することができました。