案件種別

企業法務
民法改正を知ろう ―消滅時効,法定利率,保証―

改正民法の施行日は平成32年4月1日です。
今後の事業活動に支障が生じないか,一度,改正内容を確認されることをお勧めします。

もっとも,今回の改正点は非常に多いので,一部について簡潔にご紹介します。

① 消滅時効

短期消滅時効が廃止され,「知った時から5年」「権利を行使することができる時から10年」に統一されました。

② 法定利率

現行の5%から3%に引き下げた上で,市中の金利動向に合わせて変動する制度が導入されました。

③ 保証

事業用の融資の保証契約について,公証人があらかじめ保証人の意思を確認しなければ効力を生じないこととされました。

 

その他,債権譲渡,約款に関する規定の創設,売主の瑕疵担保責任,連帯債務,相殺禁止,請負契約等々の改正が行われましたので,今後の事業活動に問題が生じないよう,気になる点はお早めに,弁護士にご相談ください。

 

 

企業法務の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら