MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

公開日:2020.10.27

CASE

  • 個人再生

個人再生をする場合、家計簿はいつまでつけなければならない?

目次CONTENTS

Q. 個人再生をする場合、家計簿を作成しないといけないと聞きました。いつまで作成しないといけないのでしょうか?

守りたい財産がありますか?
自分に合う債務整理の方法を
シミュレーションする

A. 個人再生の申立ての際には直近1か月または2か月分の家計表の提出で足りますが、継続的な作成をおすすめします。

個人再生手続では家計表の提出が必要

個人再生をする場合、債務者の収入その他の生活の状況を示す資料の1つとして、裁判所に家計表を提出しなければなりません(民事再生規則112条2項2号)

個人再生手続においては、再生計画認可後、再生計画に沿った、3年から5年の支払いが予定されていることとなります。そこで、「再生計画に記載されているような継続的な支払いが本当に可能なのか」という点をチェックする際の参考にするために、家計表の提出が求められます。

家計表は何か月分必要?

通常は、申立書を提出する際に、直近1か月または2か月分の家計表を提出すればそれで足りることとされています。
常日頃から家計表をつけている方はそう多くありませんので、多くの場合、弁護士及び担当事務のサポートを受けながら、一から家計表を作成していただくことになります。

申立書に添付する家計表のみ作成いただく場合もあれば、浪費癖があるなど、より真摯に家計に向き合っていただく必要がある場合には、受任直後から継続的に家計表をつけていただくようお願いする場合もあります。

自分に合う債務整理の方法を
シミュレーションする

家計表はいつまでつければよい?

普段家計表をつけていない方にとっては、家計表の作成は、楽しい作業ではありませんし、むしろ苦痛な作業でしょう。よく、「家計表はいつまで作り続ければいいのですか?」と聞かれることがあります。「再生計画に基づく支払いが完了するまで作り続けないといけないのか?」と思われる方もいらっしゃるようです。

実務上は、多くの場合が、申立書に添付する家計表の作成・提出をもって必要十分とされ、それ以上に作成を要求されることはありません。もちろん例外的に、再生手続中も家計表の作成を求められるケースはありますが、そう多くはありません。

経済的再生のために

以上のように、再生手続を経るために、という意味では、家計表の作成は、継続的に行っていただく必要はありません。

しかし、再生手続中はもちろんのこと、それが終了したあとも、引き続きご自身の家計と向き合い続けていくほうが、経済的再生の近道になるのではないかと思います。家計表の作成は、ご自身の家計と向き合うための良い方法の1つですので、根気よく継続的に作成いただくとよいのではないでしょうか。

個人再生について電話で無料相談ができます

当事務所では、個人再生などの借金問題のご相談について、初回無料相談(30分)を承っております。煩雑な手続きや書類の作成等についても、専任の弁護士と事務スタッフが、しっかりとサポートいたします。

借金問題のご相談については、無料のオンライン相談(電話・Web)を実施しています。ご来所でのご相談も、もちろん可能です。お電話・Webで無料相談(初回30分)ができますので、お気軽にお問い合わせください。

 

依頼者満足度・相談対応実績