MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務

【新型コロナウイルス関連Q&A】配送が遅れて取引先に損害が出た場合,損害賠償義務はありますか?

目次CONTENTS

[ Q ]

運送業を営んでいます。
新型コロナウイルスにより物流にも影響が出ており,配送が遅れたことで取引先に損害が出てしまいました。当社に損害賠償義務はありますか。

[ A ]

標準貨物自動車運送約款第44条第5号では,「地震,津波,高潮,大水,暴風雨,地すべり,山崩れ等その他の天災」については免責事由となっていますので,今回の新型コロナウイルスによる影響が「その他の天災」にあたるかが問題になると思われます。

仮に,約款で免責されない場合でも,今回のように甚大な被害をもたらしている新型コロナウイルスの発生が予見できたか,運送業者が対策を講じて遅延という結果を回避することができたかが問題になります。

参考判例として,阪神淡路大震災により倉庫内の化学薬品が荷崩れにより漏出し,他の貨物から流出した水分と化合して発火した火災により貨物が焼失した事故について,倉庫会社には同大震災規模の地震の発生につき予見可能性がなく,結果回避義務違反の過失が認められないとされたもの(東京地判平成11・6.22判タ1008号288頁)があります。

福岡県または福岡県近郊の企業様へ

桑原法律事務所では,事業所様向けの電話無料相談を実施しております。

会社の資金繰り事業再生に関するご相談,その他のご相談(契約債権回収労働問題など)について,お電話でご相談いただけますので,まずはお気軽にお問い合わせください(令和2年12月28日まで)。

電話無料相談について,詳しくはこちら