MENU
お問合せ

LEGAL COLUMN

法律コラム

公開日:2020.04.30 最終更新日:2021.12.22

CASE

  • 自己破産
  • 法律コラム
  • 債務整理

自己破産は自分で申し立てできる?弁護士に頼まないといけない?デメリットについても解説

目次CONTENTS

この記事では、自分で自己破産を申し立てることはできるのか?について、自分で破産を申し立てる場合のデメリットとあわせて解説いたします。

Q. 自分で自己破産を申し立てることはできますか?

自己破産を申し立てる場合は、必ず弁護士に頼まないといけないのでしょうか。自分で破産を申し立てることはできないのでしょうか。

A. 弁護士に頼まずに自分で破産を申し立てることも可能ですが、容易ではないと思われます。

破産の申立書に何を記載すればいいのか申立書にはどのような資料を添付すればいいのかなど、「自分で破産を申し立ててみよう」と思っても迷うことは多く、なかなか容易ではないと思います。

自己破産について電話で相談
092-409-0775

自分で自己破産を申し立てる場合のデメリットとは?

以下では、自分で破産を申し立てる場合のデメリットについて解説いたします。

1. 取立て・督促が止まらない

破産の申立書を作成して裁判所に提出するまでには、それ相応の準備の時間が必要ですが、その間も債権者からの取立ての連絡や督促行為が止まることはありません。債権者がたくさんいる場合、各債権者からの連絡等への対応に煩わされますし、精神的にもつらいものがあります。

この点、弁護士に依頼すれば、債権者からの取立て・督促行為が止まりますので、生活上の平穏と精神的な安定をすぐに手に入れることが可能です。

2. 経済的再生が遅れる可能性がある

「申立書に必要な事項が記載されていなかった」「申立書に必要な資料が添付されていなかった」という場合は、裁判所から補正を促されることになります。
ここで十分な補正がなされなければ、いつまで経っても破産手続きがスタートしない、いつまで経っても借金が免責されないということになり、そのぶん経済的再生が遅れてしまいます

3. 管財費用がかかる可能性がある

また、補正すべき点があまりに多いような申立てに対しては、裁判所としても「しっかりと調査すべき」との心証を抱くことになるでしょうから、同時廃止ではなく管財事件*になることも考えられます。

自分で申し立てたがゆえに管財事件になれば、調査目的で管財人が選任されてしまい、弁護士に依頼していれば必要のなかった、20万円の予納金(裁判所に支払う費用)を工面しないといけなくなるという事態も十分想定されます。

*同時廃止事件と管財事件の違いについては、こちらで解説しています。

自分で自己破産を申し立てるのはデメリットが大きい

以上のように、自分で破産を申し立てることは、弁護士費用が浮くというメリットはありますが、それでもなお、デメリットのほうが大きいように思います。ご自身で破産申立てをしようとお考えの方は、実際に準備に取りかかる前に、そのように考える理由を整理したうえで、一度弁護士にご相談いただくことをおすすめいたします。

守りたい財産がありますか?
自分に合う債務整理の方法を
シミュレーションする

自己破産について弁護士に無料相談ができます

当事務所では、自己破産をはじめとした借金問題のご相談について、無料のオンライン相談(電話・Web)を実施しております。ご来所でのご相談も、もちろん可能です。お電話・Webで無料相談(初回30分)ができますので、お気軽にお問い合わせください。

※本記事は、公開日時点の法律や情報をもとに執筆しております。


債務整理診断シミュレーター

あなたの債務状況から、最適な債務整理の方法をご提案します。いただいた情報は無料診断・相談以外の用途には一切利用いたしません。
最後まで進んでいただくとその場で結果が表示されますので、安心してご利用ください。

質問1

はじめに、下記の質問にお答えください

・借入総額
・借入総額のうち、住宅ローンの額
・借入先の数(債権者数)
・借金の原因
・7年以内に次の手続きをしたことがありますか?
次へ

・本シミュレーションは、借金問題を抱えている方を対象とするものです。
・情報の内容に関しては万全を期しておりますが、実際に弁護士による法律相談をしない限りは、内容の正確性、安全性等を保証できるものではなく、当該情報に基づいて利用者が被る一切の損害について弊所は何ら責任を負いません。