MENU
お問合せ

CASES

法律コラム

公開日:2022.06.02

CASE

  • 債務整理の解決事例

オンラインカジノによる借金を、個人再生で5分の1に圧縮した事例

目次CONTENTS

事案の概要

  • 債務整理の手続き:個人再生
  • 借金の原因:オンラインカジノ
  • 債権者数:10社前後
  • 負債総額:1000万前後
  • 減額できた額:1000万円→200万円(約800万円の減額)※総再生債権額の5分の1

相談までの経緯

依頼者様は、オンラインカジノで作った借金を返済することができず、当事務所の弁護士に相談されました。

免責不許可事由の存在が疑われたことや、借金の原因からするに「免責となることが必ずしも自分のためにならない」と依頼者様が感じておられたことから、あえて個人再生を選択され、その上で受任しました。

弁護士の活動

個人再生申し立てのサポートを行いました。

現在はオンラインカジノをやめていることを証拠化し、その証拠を添えて、小規模個人再生を申し立てました。

結果

裁判所より、再生手続きの開始決定が滞りなく出されました。

その後、債権者から再生計画に対する異議が述べられることもなく、無事に再生計画が認可されました。依頼者様の借金は、5分の1の金額まで圧縮することができました。