案件種別

借金問題(債務整理)
私的整理のメリット・デメリットとは

【 Q 】

私的整理のメリット・デメリットは?

【 A 】

私的整理のメリット

私的整理は,法的倒産手続きとは異なり,交渉の対象を限定することができます。

たとえば,法人の場合,「この銀行とはリスケジュールの交渉をするが,この買掛先には優先的に支払いたいから同様の交渉はしない」ということができます。
債務者の信用あるいは価値を毀損しないようにするためには,そのような対応をとる必要があるわけですが,私的整理の場合はこれができます。

この,対象債権者の限定,これによる信用あるいは価値の維持が私的整理のメリットです。

私的整理のデメリット

一方で,私的整理の場合は,これを完結させようと思うと,対象債権者全員の同意が必要となります。
そのため,「債権者一人の同意が欠けても目的の達成が不可となってしまう」ことが,私的整理のデメリットとなります。

借金問題(債務整理)の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら