案件種別

遺産相続・高齢者問題企業法務
会社経営者が亡くなる前に準備しておくべきことは?

【 Q 】

会社経営者が亡くなる前に準備しておくべきことは,何でしょうか。

【 A 】

多くの中小企業では,経営者の方が会社の株式の多くを保有されているのではないでしょうか。この株式についても,亡くなった場合の相続財産を構成します。

したがって,経営者自身が株式を保有したまま死去した場合,株式について,相続人が法定相続分に従い共有した状態となります。
相続人間で,「特定の人が株式を承継する」旨合意する遺産分割協議が成立すればよいのですが,協議が成立しなければ,株主総会における意思決定に影響が生じ,円滑な経営をできなくなるおそれがあります。

そこで,将来の事業承継を見据えた準備として,遺言や,いわゆる経営承継円滑化法の利用等,様々な選択肢の中から,最善の策を選び実行する必要があります。

こうした準備についてお悩みの方は,当事務所にお気軽にご相談ください。

弁護士法人桑原法律事務所の企業法務サイト

遺産相続・高齢者問題の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら