案件種別

交通事故(事故損害賠償)
物損事故から示談までの流れ(事故日以降)

物損事故から示談までの流れのうち,事故日以降の対応について,解説いたします。
> 前回記事: 物損事故から示談までの流れ(事故直後)

事故当日~数日後

警察や自身の任意加入保険会社への連絡を済ませると,事故当日または近い内に警察による事故当事者の確認,現場での事故状況の確認が行われ,また,保険会社から今後の対応や流れなどについての案内があります。

自走が不可能または危険と判断される際には,レッカー移動され,修理工場などで保管されます。車が使えなくなったものの,車が必要な際には,代車(レンタカー)の手配も済ませましょう。

その後

修理工場にて,修理費用の見積等がなされます。
なお,レンタカーに関して,修理または買替えに必要な相当期間は,その期間のレンタカー費用も損害賠償対象となったり保険対応が出来たりしますが,自身の負担がないまま長期間無制限に借りることの出来るものではありませんので,修理または買替え,レンタカーの返却などの手続きは,迅速に進める必要があります。
ひとつの目安に過ぎませんが,2週間の期間が途過するような場合は要確認です。

保険対応項目または損害賠償項目については,以下のページをご参照下さい。
> 物損事故において賠償してもらえる損害の総額は?(典型的損害)

交通事故(事故損害賠償)の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら