MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 自己破産
  • 借金問題(債務整理)

自己破産で一部の借金だけをなくすことはできますか?

目次CONTENTS

[ Q ]

自己破産で一部の借金だけをなくすことはできますか?

[ A ]

一部の借金のみについて,自己破産でなくすということはできません

「家族や知人からの借金はこれまでどおり支払いたいから今回の破産手続きからは除外してほしい」,「家族や知人に破産したことを知られたくないから今回の破産手続きからは除外してほしい」といった理由から,一部の借金だけを自己破産で消したいという方もいらっしゃるかもしれませんが,それはできません。

例えば,破産を申し立てる際に,申立人は裁判所に対して債権者名簿を提出することとされています。この債権者名簿の記載を前提に,免責の対象となる債権を把握したり,また,裁判所は債権者に対して通知を発送したりします。そのため,この名簿には漏れがあってはいけません。

他にも,債権者がいるのにその債権者をあえてこの名簿に載せないなどした場合,場合によっては免責不許可となることもあります(破産法252条1項7号)

よって,一部の借金だけを自己破産でなくすことはできず,破産をする場合は,すべての借金を対象とする必要があります