案件種別

  • トップページ
  • 案件種別
  • 労働問題(企業側・使用者側)企業法務

労働問題(企業側・使用者側)企業法務
新型コロナウイルス対策での企業の安全配慮義務について教えてください

[ Q ]

新型コロナウイルス対策のための,企業(使用者)としての安全配慮義務について,どのように対応すべきか教えてください。
従業員の健康管理について,企業が対応しなければならないことはありますか。

[ A ]

従業員への感染拡大を防止するため,合理的な手段を講じることが求められます。

企業(使用者)としては,労働契約上の信義則に基づき労働者の生命や健康を危険から保護する義務(安全配慮義務)を負うとされています。労働契約法上も,「使用者は,労働契約に伴い,労働者がその生命,身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう,必要な配慮をするものとする。」と規定しています(労働契約法第5条)。

こうした法の趣旨に照らし,企業としては,労働者が労働中に新型コロナウイルスに感染することを防止するため,合理的な措置を取る対応が求められていると言えます。

例えば,感染症を防ぐための環境整備が挙げられます。
厚生労働省によれば,換気の悪い密閉空間,多数が集まる密集場所,間近で会話や発声をする密接場面が重なると,集団感染の危険性が高まるとされています。

企業内における会議や取引先との会合ではこのような要件を充たしてしまう可能性があります。企業としては,① 労働者の感染を防止するため,そもそも実施の必要性が低ければ実施を中止する,② 実施の必要性がある場合でもテレビ会議やオンライン会議での実施など,感染拡大を防ぎつつ実施する代替案を検討することが求められます。

労働問題(企業側・使用者側)の案件種別

一覧に戻る

問題解決に向けて、全力を尽くします。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 092-409-0775

    0952-41-9210

    0954-20-1455

  • メールでのご相談はこちら