MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務
  • 労働問題(企業側・使用者側)

新型コロナウイルス対策で時差出勤制度の導入を検討しています。どのようにしたらよいでしょうか。

目次CONTENTS

[ Q ]

新型コロナウイルス対策で,通勤ラッシュを避けるため,時差出勤制度の導入を検討しています。どのようにしたらよいでしょうか。何らかの手続は必要でしょうか。

[ A ]

就業規則を作成されている会社であれば,会社の始業時刻及び終業時刻(以下,単に「始業時刻等」といいます。)が,その就業規則に記載されているはずです(労働基準法89条1号)

時差出勤制度を導入するためには,この始業時刻等の内容を変更する必要がありますが,例えば,就業規則内に「会社は,業務の都合その他の必要性により,始業・終業時刻を繰り上げ,または繰り下げることがある。」といったような規定が別途あるという場合は,同規定に従い,変更の上,変更後の内容を従業員に周知すれば足りるということになります。

一方で,そのような規定がない場合は,会社は,労働者と協議をし,始業時刻等を変更することについて労働者の同意を得なければなりません。これは,そもそも就業規則がないという会社の場合も同様です。よって,その場合はまず,労働者と協議することからはじめる必要があります。

 

福岡県または福岡県近郊の企業様へ

桑原法律事務所では,事業所様向けの電話無料相談を実施しております。

会社の資金繰り事業再生に関するご相談,その他のご相談(契約債権回収労働問題など)について,お電話でご相談いただけますので,まずはお気軽にお問い合わせください(令和2年12月28日まで)。