MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務

新型コロナウイルス対策を理由に株主総会を延期することは可能ですか

目次CONTENTS

[ Q ]

新型コロナウイルス対策を理由に,株主総会を延期することは可能ですか。その場合,どのように進めればよいですか。

[ A ]

2020年2月25日公表の基本方針では,「イベント等の開催について、現時点で全国一律の自粛要請を行うものではないが、専門家会議からの見解も踏まえ、地域や企業に対して、イベント等を主催する際には、感染拡大防止の観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討するよう要請する。」とされています。

したがって,感染拡大防止のため,企業としては株主総会を延期することが考えられます。

多くの企業では,事業年度の終了後3か月以内に定時株主総会を開催していると思われますが,会社法上,この時期に開催する義務があるわけではありませんので,延期も可能であると考えられます

なお,法務省は,「新型コロナウイルスにより定款で定めた時期に定時株主総会を開催することができない状況が生じた場合には,その状況が解消されたのち合理的な期間内に定時株主総会を開催すれば足りるものと考えられる」との見解を公表しています。

 

福岡県または福岡県近郊の企業様へ

桑原法律事務所では,事業所様向けの電話無料相談を実施しております。

会社の資金繰り事業再生に関するご相談,その他のご相談(契約債権回収労働問題など)について,お電話でご相談いただけますので,まずはお気軽にお問い合わせください(令和2年12月28日まで)。