MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 遺産相続・高齢者問題

特別受益とは

目次CONTENTS

遺産分割について相続人同士で話し合っていたとき、「あなたは、〇〇の生前に〇〇をもらっていた。だから、あなたの持ち分はみんなより少ないはずだ。」なんてことを言われるかもしれません。
相続において自分が取得する財産を計算する際には、「特別受益」の有無が問題になります。

この「特別受益」にあたる場合は、原則として以下の①~③の類型に分けられます。

 

① 遺贈(いぞう)

「遺贈」とは、遺言書の中で相続人等に遺言者の財産を無償で譲渡するというものです。
例えば、遺言書の中に「〇〇の不動産はXに譲る。」という記載がある場合などです。

 

②③ 生前贈与

被相続人(亡くなった方)が生前に相続人に贈与を行う場合で、
② 婚姻又は養子縁組のための贈与
③ その他の生計の資本(生活の基礎として役立つこと)としての贈与
にあたるものが「特別受益」にあたります。

例えば、結婚する際の支度金は、婚姻のための贈与に該当するでしょう。また例えば、居住用の土地建物について贈与を受けた場合は、その後の生活を支えていたものとして生計の資本としての贈与に該当するでしょう。

ただ、生計の資本にあたるかどうかは、贈与金額、贈与した趣旨等を考慮したうえで判断されることになります。