MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 遺産相続・高齢者問題

推定相続人の廃除

目次CONTENTS

相続欠格のほかに,相続人となることができた人が相続の資格を失ってしまうケースとして,「推定相続人の廃除」という制度があります。

なお,相続欠格と異なるのは,被相続人が生前に(または遺言で)推定相続人を廃除するよう家庭裁判所に審判を求める必要があります。

 

廃除の対象となる推定相続人

廃除の対象となる推定相続人は,「遺留分」を有する者に限られますので,兄弟姉妹以外の相続人(配偶者,親,子)に限られます。

 

排除事由

廃除事由は,(被相続人への)「虐待」,(被相続人への)「重大な侮辱」,「著しい非行」に該当するような場合をいいます。

なお,一時的に激昂して侮辱的な発言をしたからといって,当然に廃除事由にあたるというわけではなく,推定相続人の行為によって被相続人との信頼関係が破綻しているといえるほどの事情が必要となります。