MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

公開日:2020.04.09

CASE

  • 新型コロナウイルス関連

事業所で新型コロナウイルス感染者が発生…事業閉鎖期間の賃金や休業手当を支払う義務はありますか

目次CONTENTS

[ Q ]

事業所で新型コロナウイルス感染者が発生したため、事業所を●週間閉鎖することになりました。他の従業員に対し、事業閉鎖期間の賃金や休業手当を支払う義務はありますか。

[ A ]

この場合、使用者の自主的な判断による休業ですので、労働者の生活保障という趣旨の休業手当(賃金の60%以上)は支払う必要があります。

他方、賃金については、感染者発生による事業所の閉鎖は社会通念上やむを得ないといえるでしょうから、支払義務なしと判断される可能性が高いです。
ただし、在宅勤務が可能な仕事である場合や、他の事業所での代替労働が可能な仕事である場合には、休業の回避について使用者として行うべき最善の努力を尽くしていないと判断され、賃金全額の支払いが認められる可能性があります。

新型コロナウイルス関連
Q&A集はこちら

 
当事務所では、コロナウイルスの影響による給与カット・解雇・雇止め等でお困りの方々より、多くのご相談をいただいております。まずはお気軽にお問い合わせください。