MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務
  • 労働問題(企業側・使用者側)

従業員が新型コロナウイルスの感染リスクを理由に出社拒否…懲戒処分は可能でしょうか

目次CONTENTS

[ Q ]

従業員が,新型コロナウイルスの感染リスクを理由に出社を拒否しています。これを理由に懲戒処分を行うことは可能でしょうか。

[ A ]

ケースバイケースですが,懲戒処分については,基本的に慎重にならざるを得ないと考えます。

使用者として,できる限り感染リスクを排除した労働環境を構築しているのであれば,使用者は適法に出社命令を下すことができます。

出社をしない場合,懲戒処分を有効に行えるかについては,欠勤による混乱の程度,電話での連絡は可能かどうかなどを踏まえた判断になりますが,重い懲戒処分や解雇を適法に行うことは難しく,慎重に対応することが求められます。

 

福岡県または福岡県近郊の企業様へ

桑原法律事務所では,事業所様向けの電話無料相談を実施しております。

会社の資金繰り事業再生に関するご相談,その他のご相談(契約債権回収労働問題など)について,お電話でご相談いただけますので,まずはお気軽にお問い合わせください(令和2年12月28日まで)。