MENU
お問合せ

CASES

案件別コラム

CASE

  • 企業法務
  • 労働問題(企業側・使用者側)

新型コロナウイルスの影響で経営悪化…従業員の整理解雇は可能でしょうか

目次CONTENTS

[ Q ]

新型コロナウイルスの影響による経営悪化を理由として,従業員を整理解雇することは可能でしょうか。

[ A ]

整理解雇については,一定の要件を充たした場合のみ可能となります。

判例上,整理解雇を行うためには,
① 人員削減の必要性
② 解雇の必要性
③ 人選の合理性
④ 解雇に至る手続が労使間の信義則に反しないこと
という4要件を充足することが必要とされています。

① 人員削減の必要性や② 解雇の必要性については,外出自粛などに伴う急激な売り上げ減少により財務状況が危機的となり,経営上真摯な努力を尽くしても解雇を回避できないような場合には,認められる可能性があります。

③ 人選の合理性については,経営状況に照らして相当な余剰人員を定めたうえ,合理的な基準に基づき解雇する者を決定する必要があります。

また,④ 解雇に至る手続としては,労働者に対して誠意をもって説明する機会などが必要とされています。

以上のように,整理解雇は,一定の条件を充たした場合にのみ可能となります。

 

福岡県または福岡県近郊の企業様へ

桑原法律事務所では,事業所様向けの電話無料相談を実施しております。

会社の資金繰り事業再生に関するご相談,その他のご相談(契約債権回収労働問題など)について,お電話でご相談いただけますので,まずはお気軽にお問い合わせください(令和2年12月28日まで)。